金持ち父さん貧乏父さんが教えてくれたお金持ちの仕組みと世界の見方が変わった話【あらすじ・要約】




このページではロバート・キヨサキさんの金持ち父さん貧乏父さんについてあらすじとどんな人に読んでもらいたいか説明していきます。
↓書籍はこんな感じのデザインのやつです。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

読むことで得られるお金にまつわる情報

本の中で得られることは
・自分の身の回りのお金の流れについて知ること
・会社を設立して節税すること
・自分が働いていなくてもお金を生み出す仕組み (ビジネス)を持つことです。

私がこの本をお勧めする人はお金を増やしたい、今より良い暮らしがしたい、将来の自分を他人任せにしたくないと考える人です。
そんなことはほとんどの人が考えていると思いますが、まず第一歩を踏むときにこの本を読んでお金持ちの仕組みについて学んでほしいと思います。

まず初めに、この本は具体的なビジネスの話はほとんど出てきません (出てくるものは不動産と金融系の教育の話)。

そのため、起業に必要な具体的なステップや知識が欲しい!と思う方はこの本を読んでも得られることは少ないかもしれません。

この本の注意点
※本の中でネットワークビジネスを推奨していますがこちらは手を出さないことを強くお勧めします。
得るものよりも失うものが確実に多いです。 (お金と周囲からの信頼)

金持ち父さんシリーズを勧めてくる人が怪しいのはこのためです。

大切なことは本の内容を全て鵜呑みにせず、自分で情報を選択することです。 (これは会社、学校、ビジネスでも共通している事だと思います。)

あらすじ:金持ち父さんの6つの教え

この本では作者のロバート・キヨサキさんが子供時代に二人の父親 (金持ち父さん、貧乏父さん)から学んだ6つの教えについて説明しています。

教えは以下の6つです。
1.お金のためには働かないこと
2.お金の流れを理解して自分で読めるようになること
3.自分のビジネスを持つこと
4.会社を作り節税すること
5.お金でお金を生む
6.学びにお金を使え

金持ち父さんのモデルは実の父親ではなくロバートさんの友達のお父さんで、貧乏父さんが実の父親です。

物語はロバートさんの幼少期から始まり、初めは同じくらいの生活レベルだった二人のお父さんの金銭的な格差が時間とともに広がっていく展開で進行します。

この記事では主に
1.のお金のためには働かないこと
2.お金の流れを理解して自分で読めるようになること
を要約していきます。

1.お金のために働かないこと

この意味は自分が働いて会社からもらう給与ではなく、自分の時間を使わずにお金が手に入る仕組み (ビジネス)を作れということです。

1、3、5はそれぞれ分かれていますが、ほとんど同じ教えだと思います。

従業員として働いたいる方は自分の労働時間に応じて給与をもらっています。
自営業で働いている方は出来高制で収入を手に入れ、働くほどお金をもらえます。

どちらも自分の時間を使わないと収入が増えませんよね?

一方で投資家は株式の配当で生活し、不動産を持っている人は管理人を雇い、住人からの家賃をもとに生活していて自分の時間を割くことなく収入を得ています。

この従業員、自営業と投資家、不動産持ちなどのビジネスオーナーはそれぞれ違う方法で収入を得ていてE、S、I、Bという異なるクワドラントに属しています。

この四種類の中で今自分が属しているクワドラントと将来自分が属したいクワドラントをイメージしてください。

本当にクワドラントを移したい (生活環境を変えたい)と思ったら本を読む事でもいいのでまず行動に移しましょう!

本書ではクワドラントについて簡単にしか触れられていませんがより詳しい説明は二冊目の金持ち父さんのキャッシュフロークワドラントで説明されています。

このシリーズは表紙が統一されていて好きですが、購入時に間違えそうですね。

広告

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント : 経済的自由があなたのものになる (単行本)

2.お金の流れを理解して自分で読めるようになること

ファイナンシャル・リテラシーを鍛えろとこの本では何度も書かれています。

さらに資産と負債について理解し、資産を増やしなさいとも書かれています。

資産と負債って何?ってイメージがつかない方もいると思いますが、この本では自分にお金をもたらしてくれるものが資産で自分からお金を取っていくものが負債だと書かれています。

これは会計の資産、負債とは少し違った表現かもしれません。ですがイメージはしやすいかもしれません。

最終的には資産から収入を手に入れ、支出に回すキャッシュフローを作る事を目標にしましょう。
キャッシュフローは自分のお金の流れだと思ってください。
今手元にお金を生み出してくれる資産はありますか?
金持ち父さんを読んで現状を一度振り返るのも大切かもしれません。

【要約】
資産→収入→支出のキャッシュフローを作り、資産をどんどん増やしていきましょう!

まとめ

金持ち父さんから学ぶことは
・お金のために働かない事
・そのためにはお金を生み出す資産 (不動産、ビジネスなど)を持ち資産から収入を得る事
です!
金持ち父さん貧乏父さんは具体的な例を示すhow to本ではありませんが、お金の基本的な仕組みを学ぶにはお勧めの一冊だと思います!

続編の金持ち父さんのキャッシュフロークワドラントについても今後紹介していきます!

広告

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント改訂版 経済的自由があなたのものになる [ ロバート・T.キヨサキ ]

価格:2,090円
(2020/4/3 21:44時点)
感想(5件)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。